性生活の不一致セックスは重要なコミュニケーション

「性格の不一致」は「性生活の不一致」ともいいますが、セックスレスによる離婚は深刻な問題です。
単なる性の好みだけでなく、男性の勃起不全、EDが原因で、妻の方から離婚を言い渡すケースも少なくありません。

愛しているなら、セックスがなくてもいいじゃないかと思うかもしれませんが、セックスしない=愛されていないと感じる男女は多いですから、離婚に至ってしまうのだと思います。
特に女性は「男性は基本的にセックスが好きな生き物」だと思っているので、自分に手を出してこない時点で「私ってそんなに魅力がないのかしら」と落ち込みます。

そして「もしかしたら、他の女性とセックスしているからかも」と疑います。

本当は、仕事のストレスでセックスする元気がないということかもしれないのに、女性はなかなか信じられません。

すると、男性に対する態度や言葉もとげとげしくなり、男性はさらにセックスする気がなくなる、という悪循環に陥ります。
さらに、結婚して間もないカップルの場合は、EDにより子づくりができないという問題もあるので大変です。

こうなってしまうと、何より一番悩んでいるのは当の男性自身でしょう。
この問題を解決するには、きちんとEDの治療をすることです。

専門の医師にかかり、必要であればバイアグラなどの処方を受けるべきです。
EDが治るまでの間は、挿入をしないセックスをすればいいのです。

女性は男性より挿入にこだわってはいません。

愛撫だけでも満足できればそれでいいのです。
女性のことを愛しているなら、そういう時間はちゃんと取るべきですね。
EDであることをパートナーに打ち明け、一緒に治療をしましょう。

「セックスはできなくても、君を愛している」ということを伝えることが大切なのです。
プライドが邪魔をして、なかなか告白できないかもしれませんが、大切な人を失うぐらいなら、小さなプライドぐらい捨ててしまったほうがいいと思いますよ。